新商品情報

スイッチング・パワーサプライ(240/480Wタイプ)

S8VK-WAオムロン

三相200V系入力仕様が登場。半導体・FPD業界で要求される相平衡課題を解決。3つのLEDで異常個所の早期特定をサポート、150%ピーク電流で高容量負荷の起動が可能

オムロン スイッチング・パワーサプライ(240/480Wタイプ) S8VK-WAのイメージ

単相パワーサプライでの面倒な設計対応が不要に、三相200Vパワーサプライが“三相平衡”アンバランスリスクを一気に解消

他にも設計を効率化する機能が満載、コンパクトだから置換え設計も安心

世界最小*1クラスのコンパクトサイズ


高容量でもスリムな形状。
従来品と比べても半分以下のスペースで収まります。
スリムな形状で、密着取り付け可能です。

制御盤内の商品仕様に対する共通の考え方"Value Design for Panel( 以下、Value Design)"はお客様の制御盤に新しい価値をもたらします。
Value Designに対応した商品を組み合わせて使用することで、制御盤の価値がさらに高まります

定格電流150%のピーク電流でモータ負荷などの一時的な電流増加に対応


電動シリンダなど、モータで構成する機器は起動するときに一時的に大きな電流が流れます。
ピーク負荷対応機能のないパワーサプライでは、最大電流が定格電流を超えると過電流保護がはたらき出力電流が制限されるため、最大電流より大きな定格出力のパワーサプライを選定する必要があります。
たとえば、下図のように最大電流が10Aを超える場合、定格20Aのパワーサプライが必要になります。
S8VK-WAは、定格出力150%の電流が10秒間使用できるピーク負荷対応機能を搭載しているため、下図のような場合、定格出力電流が10Aのパワーサプライでも安定して起動できます。

そのうえ保全時のお困り事も解消、さらに保全対応がしやすく、早期復旧をサポート

パワーサプライの保全でこんな悩みはありませんか?


装置が停止、パワーサプライの出力が出ていない

原因を特定するために、配線取り外しとテスタによる検査が必要なため、対策に時間と工数がかかりました。

悩み

・何が原因かわからない
・再現しない
・パワーサプライを交換しても不具合が再発する

何をすればよいか?が分かる「保全箇所お知らせ機能」を搭載


S8VK-WAなら、パワーサプライの入力側/機器本体/出力側のどこに原因があるのか、配線取り外しやテスタがなくても簡単に分かります。

■LEDと信号出力でパワーサプライの状態をお知らせ

LEDと連動する信号出力で、制御盤を閉じた状態でも、コントローラなどを使用して、パワーサプライの状態が確認可能です。不具合の状況と、必要なメンテナンスが明確になり、ダウンタイムの削減に貢献します。

■力が出ない時のよくある原因

■LED/信号出力のパターンと必要なメンテナンス

各LED/信号の働き


INPUT OK LED ・・・・・・・・ 入力電圧が許容範囲下限値以上の時に点灯
DC OK LED/信号 ・・・・・・・ 出力電圧が定格出力電圧の90%以上の時に点灯/出力
Iout >100% LED/信号 ・・・出力電流が定格出力電流を超える時に点灯/出力

前のページに戻る

メールマガジンのご案内

メールマガジンにご登録頂いた方には 最新情報をEメールでお届けしております。

新規登録はこちら