新商品情報

長距離省電力無線

OWLCODE東朋テクノロジー

「伝えたい」を「つなぐ」長距離無線機

・長距離範囲の通信対応
・周波数920MHz(Sub-GHz)
 LPWA(プライベートLoRa)方式
・デジタル/アナログ対応のインターフェイス
・コスト削減

東朋テクノロジー 長距離省電力無線 OWLCODEのイメージ

OWLCODEとは

920MHz帯を使用したLPWA(Low Power Wide Area)長距離無線機です。
デジタル・アナログ対応のインターフェイスを持ち、 双方向通信可能な為、フレキシブルに活用頂けます。
また、ゲートウェイを使用する事で設備の見える化・IoT化に貢献致します。

LPWAとは

LowPowerWideArea(=省電力広域エリア)の略称で、その名の通り少ない電力でキロメートル単位のエリアを通信できる無線方式です。

IoTが注目されている今急速に普及が進んでおり、SIGFOX、NB-IoTなどいくつか種類がありますが、OWLCODEはプライベートLoRa(LongRange)という免許不要の920MHz帯(サブギガ)を使用する規格を採用しています。

OWLCODEの特徴

OWLCODEは遠方にある機器の情報を収集し、管理するインターフェイスです。

以下のような優位性から、監視対象が遠くにある、通信網を整備・維持するためのコストが高いなど、データ収集にまつわる悩み事を解決するため開発されました。

■ローカルネットワークを構築できるため、キャリア通信網やクラウドを使用せず、ランニングコストが不要!

■最長4秒間の連続送信により、多量データの通信が可能!

■簡単工事のシンプルな構成による1:1通信!

■ゲートウェイを用いて、広範囲に点在する計器の状態を集約し監視・制御する1:多通信!

■1ユニット、アナログ入力2量/出力1量、デジタル入力2点/出力2点。

用途例

■警報接点の送付

■ポンプの制御

■排水機場での水位確認

■コンプレッサーの圧力・流量確認

■制御装置の電圧・電流監視

など、様々な用途へご活用いただけます。

概略仕様

【1】
品名OWLCODE
型式OC915
周波数帯920MHz
外部I/FDi2点、Do2点
Ai2量、Ao1量

【2】
品名OWLCODE ゲートウェイ
型式OC915GW
周波数帯920MHz
外部I/FRJ45(Ethernet)

前のページに戻る

メールマガジンのご案内

メールマガジンにご登録頂いた方には 最新情報をEメールでお届けしております。

新規登録はこちら