新商品情報

NXシリーズ 温度調節ユニット

NX-TCオムロン

状態変化を自ら捉え、制御を最適化し生産性と品質を簡単両立

オムロン NXシリーズ 温度調節ユニット NX-TCのイメージ

熟練者の調整をAIで自動化。生産現場の革新、はじまる。


人の手を煩わさず最適な温度制御を自動で実現、生産性と品質を簡単に両立します。

これまでの温度調節器は立上げ設定や変動調整に多くの時間がかかるだけでなく、経験や勘がなければ最適な調整が難しく、品質への影響も少なからずありました。
そこでオムロンは、熟練者のように、品質に影響を与える状態変化を捉え、常に最適な状態に自動で温度制御ができる、"適応制御技術"搭載の温度調節器を開発。
面倒な立上げ、調整の手間から現場を自由にします。

■生産ラインにおける温度変動要因

■その答えは、業界初の「適応制御技術」搭載
本製品に搭載された「適応制御」であれば、立上げ時・安定時それぞれに最適なPID値を自動で算出。
さらに、装置の温度制御状態を監視してワーク変化や装置変化などに対し、最適な温度制御になるようPID値を自動で調節できます。

*FA用の汎用温度調節器として、2017年3月現在オムロン調べ。

【半導体装置の進化を支える新価値】外乱による温度変動を最小化し、品質と生産能力を最大化できる半導体装置へ。

NX-TC が解決

■定型外乱による温度変動を自動で抑制
チャンバーの扉開閉による外気流入など予期可能な温度変動に対して安定的に自動制御。
品質の向上や温度が安定するまでの待ち時間を短縮して生産能力の向上に貢献します。

※本機能はNX-TCのみです。


新価値を実現する制御性能

■外乱抑制機能で温度変動を最小限に
予期可能な外乱に対し、あらかじめ温度変動を抑制する制御機能です。
外乱発生前に温度調節器ユニットに信号を入力することにより、本機能が動作し操作量を加算または減算します。
外乱オートチューニングにより、FF(フィードフォワード)操作量、FF動作時間とFF待ち時間を自動調整します。

【包装機の進化を支える新価値】高速化しても品質を保てる包装機へ。

シール面の温度測定と揺れを抑えるアルゴリズムでシール面の温度を安定的に自動制御

【成形機の進化を支える新価値】生産能力を最大化できる成形機へ。

速度変更や装置の状態変化による温度揺れを現場調整なく抑制

プッシュインPlus端子台で簡単配線

E5□D-B/NX-TC
工具不要で挿し込むだけ。配線作業負荷と工数を低減するプッシュインPlus端子台をシリーズ追加。

■大幅に配線工数を削減

注. プッシュインPlus端子台、ねじ端子台ともにオムロン社実測値データ。


■挿しやすい
オムロンのプッシュインPlus端子台はまるでイヤホンジャックに挿し込むような感覚。
作業負荷の低減と配線品質の向上に貢献。

Value Design for Panelとは、制御盤内の商品仕様に対するオムロンの共通の考え方であり、これに基づく商品を組み合わせて使用することで、お客様の制御盤に新しい価値をもらたします。
前のページに戻る

メールマガジンのご案内

メールマガジンにご登録頂いた方には 最新情報をEメールでお届けしております。

新規登録はこちら