新商品情報

画像処理システム

FHシリーズオムロン

傷・欠陥検査をAIで自動化

形FH-3050(-10/-20)は2021年4月末日、形FH-1050(-10/-20)は2021年5月末日受注終了予定

オムロン 画像処理システム FHシリーズのイメージ

人のような「感性」で傷を発見

人の感性に依存していた“官能検査”を自動化。傷の目視検査手法をAI技術で再現しました。

人の目に頼っていた目視検査を、AIで自動化

人のように欠陥を熟知したAI

*1. AIキズ抽出フィルタのご使用には、別売りの「キズ抽出AIソフトインストーラ(FH-UMAI1)」が必要です。

傷の定義・学習は不要で、多様な傷を自動検出


傷の定義が必要だった次のようなさまざまな材質・色・サイズの傷を、調整なしで安定抽出できます。

熟練検査員のような「経験」で良品を判断

熟練検査員の感性と経験による“官能検査”を自動化。検査手法をAI技術で再現しました。

ばらつき許容ノウハウを、AIで再現

過検出を抑制するAI

欠陥の見すぎゼロへ、AIが設定をアシスト【特許出願中】*1


AIの使いこなしノウハウを詰めこんだ設定画面を使って、3ステップ操作で設定を完了することできます。
最小の画像枚数で設定できるようにAIが良品学習プロセスを提案してくれます。

*1. 「特許出願中/特許取得済」の表記は、日本で特許出願中または特許取得済であることを示しています。(2020年5月現在)

AI専用の環境構築不要

AI導入のためのハイペックなハードウェアも、それぞれの現場環境に合わせたシステムに仕上げるためのAIエンジニアも不要です。生産現場での使用実績を多数持つ汎用画像処理システムでAIを簡単に導入できます。

AI機能を搭載した画像処理コントローラ


ハイスペックな環境を必要とするAIを軽量化し、すでに検査市場での導入実績が多数あるFHシリーズハードウェアに処理項目として搭載しました。

柔軟なオートメーションを実現するソフトウェア群も、これまで通り搭載

短期立ち上げを実現する設計インタフェース

前のページに戻る

メールマガジンのご案内

メールマガジンにご登録頂いた方には 最新情報をEメールでお届けしております。

新規登録はこちら