セーフティ

機械安全

機械の危険源から作業者を守り、安全性の向上を実現します。

機械安全を実現する3つのポイント

@危険エリアへの侵入検知 (入力機器)

指、腕、人体の危険領域への侵入を検知

扉の安全化をより確実に

A安全回路の構築 (コントローラ)

簡単なプログラミングで安全制御を実現

安全制御をよりスリム・シンプルに

B可動部の安全停止 (出力機器)

安全入力とセーフティモニタ出力を内蔵

国内初 国際規格 IEC 61800-5-2(STO )を取得

危険エリアへの侵入検知

作業者の侵入を検知することで危険領域での作業安全を確保

工作機械などにおいては、セーフティライトカーテンを設置することで、人の侵入を検知して機械を停止。
アプリケーションに合わせた検出距離などのラインアップで、危険性だけでなく、必要コストも低減します。

危険エリアへの侵入検知 / 安全回路の構築

簡単なプログラミングで作業領域を確保して安全性と生産性を両立

小形非接触式ドアスイッチ 形D40Zとセーフティコントローラ 形G9SPを組み合わせることで、各ロボット扉の開閉とロボットの運転を連動させ、安全性を高めます。

この事例で使用されている製品はこちら